プロフィール

どうも、前野です。

はじめましての方も多いと思うので、まずは自己紹介をさせていただきます。

これからこのブログの記事を書いていきます、前野と言います。

Twitterなどでは、「のんびり屋まえの」というアカウント名で活動している“のんびり屋”です。

 

2018年1月にインターネットビジネスで起業したばかりの、新米です。

主に取り組んでいるのは、“革靴転売”というジャンルの転売ビジネスで、
他にも、アフィリエイトも極わずかに囓っていたりします。

基本的には、革靴転売ですね。

今では会社員の頃とはガラっと変わって比較的自由な生活をしていますが、
会社員時代はとにかく働きっぱなしで精神的にも体力的にも死にそうな毎日でした。

朝8時に出勤して、帰宅は夜の22時台、週2日の休みも基本的には休日出勤、、、
繁忙期は1~2回しか月の休みが取れないなんてこともありました。

 

更には、ちょっとの体調不良では休めないという暗黙のルールがあり、
無理して出勤を続けた挙句、肺炎になってしまったこともありましたね。

同僚の中には38度を超えても平熱感覚で仕事を続けている人もいて、
それを知って仕事をバンバン振っている上司もいて、
本当に何の為に仕事をしているのか、真剣に考えてしまいました。

 

しかし、こういった環境は僕の勤めていた会社だけが特別というわけではなく、
日本のほぼすべてのサラリーマンはこういった環境下で働いていますよね。

 

こういった環境は、多くの方に当てはまるのではないでしょうか。

 

仕事を頑張ると家族との時間も減り、

かといって大幅に給料が増えるわけでもなく、

増えるのは同僚や上司と居る時間、

そして、無駄に増える飲み代や、

更には終電を逃した後の無駄な出費、

そして溜まってくるストレス、

それを発散させるために、また出費、

 

そして、妻からの冷たい言葉。

 

僕は、この働き方を続けていった将来の自分を想像しました。

3年後、5年後、10年後、

だいたいの予想は、上司の姿を見ているとわかります。

そして、決断したのです。

『よし、まずは会社員を辞めよう。』

上司の姿は、僕が求める理想の生き方とは違ったからです。

 

働き方とか、人間関係とか、

今となって考えれば色々と改善出来るところはありましたが、
はっきり言って、今のように個人でビジネスを持った方が楽です。

 

上司との付き合いもない。

自己判断で決断ができる。

会社の意向に振り回されない。

スピード感ある仕事ができる。

もう、ストレスも激減ですよ。

 

そんな感じで今は、ネットビジネスでボチボチ暮らしています。

 

よく、勉強してから起業するという人もいますが、
僕の場合は先に起業してしまったタイプです。

その方が、早いし、より質の高い勉強ができるからです。

 

例えるなら、日本で英語をペラペラに喋れるようになってから海外へ行くより、
喋れなくてもいいから、先に海外に行っちゃった方が喋れるようになるのも早いでしょう。って感じです。

 

ちなみに、このブログでは、

「努力は才能を超えられる、起業は夢物語ではない!」

ということを読者様にお伝えするために、日々更新していきます。

革靴転売が柱のブログですが、色々としゃべくります。

適度に更新していきますので、少しでも共感してくれた方は、是非また読みに来てくださいね^^

 

インターネットビジネスの可能性は青天井だった

そんな僕がなぜインターネットビジネスの世界に興味を持ったのかというと、
1つに、時間給に無限の可能性があると感じたからです。

普通にサラリーマン思考で考えると、
1か月の給料を2倍にしたいなら、2倍の時間働かないといけないとなります。
もしくは、転職を考える方もいるかもしれません。

ただし、転職して80%の人は、給料が下がるという現実もありますね。

また、1か月の給料を10倍にしたいなら、まあ、不可能でしょ、、、となります。

 

何が言いたいのかと言うと、そこには【限界がある】ということです。

 

しかし、インターネットビジネスの世界はどうでしょう?

 

1時間働いたら1,000円ですとか、

1か月で30万円ですとか、

そんなものは、ありません。

 

1時間で0円もありますし、1時間で100万円だってあり得ます。

本当に奥が深い世界ですよね。

 

子供の頃の夢は月収100万クラスの職業だったが・・・

僕は子供の頃から、とにかく稼ぎたい願望がありました。

小学生の頃、将来なりたい職業は?と聞かれると、

「パイロット!!」と答えていました。

 

理由は、小学生の頃に配られた職業紹介のパンフレットに、
パイロットの平均月給は約100万円と書かれていたからです。

 

月収100万円という金額がどのくらいのものかは分かっていませんでしたが、
父親の職業の地方公務員よりもはるかに裕福だということはわかっていました。

 

小学生時代、僕の1か月のお小遣いは500円でした。

集めていた遊戯王カードも、1か月で3パックしか買えません。
もちろん、人気のゲーム機も、マンガも買えません。

 

友達の中には、毎日100円のお小遣いをもらっている年中半袖のT君や、
一か月で5,000円という学校近くに住んでいるF君という友達もいました。

 

僕は、そういう友達の実績を武器に、
何度も父親にお小遣いの交渉をしましたが、
その都度こっぴどく怒られ、結局1円も増えませんでした。

 

毎度のことなのでわかってはいましたが、
「うちにはそんな余裕が無い」との一点張りでしたね。

「なんで僕の家にはお金が無いんだろう…」と、いつも疑問でしたね。

 

その頃から僕は、将来は父のように稼げない公務員だけには絶対にならないと誓い、
同時に収入の多い職業に興味を持ち始めました。

 

そうして見つけた職業が、「パイロット」だったわけです。

その後、パイロットへの夢は視力の低下とともに完全に消えてなくなりましたが・・・。

 

情報に初めて投資したのはなんと小学生の頃

ビジネスで成功するための考え方の中に、「投資意識」というものがあります。

レバレッジを掛けるといったイメージです。
要するに、1動かして10の力を得るような考えですね。

 

例えば、100万円稼ぐ為に必要な情報を10万円で買うとか、
月収30万で社員を一人雇い、その社員に月で300万の売り上げをあげてもらうとか、
そんな感じです。

 

ちなみに、僕が初めて情報に投資したのは、小学生の頃です。

 

いつだかの算数のテストで、どう考えてもわからない問題が一つありました。

そして、僕は隣の席だった友達に、こっそりとこう尋ねるのです。

「この問題の答え、50円で教えてくれない?」

これを投資と言えるのかというと、言えないかもしれませんが、
オモチャやお菓子ではなく、初めて「情報」にお金を払った瞬間です。

 

テストの答えを友達から買い、それもテスト中に交渉するとは、
今思えばなかなか大胆なことをやっていた小僧でしたね。

 

50円と言っても、お小遣い500円の僕からすると大金ですからね。

だって、月収30万のサラリーマンで言う3万円分の価値ですし(笑)

それだけ、この1問の答えに当時はこだわっていたのです。

ここで100点が取れるのか、1問外して95点になるのかによって、
今後の母親の僕に対する対応が大きく変わるのですから。

 

どうやら、当時から投資意識はあったようです。

 

本当の意味での投資は会社員時代になってからだった

現在でこそ、独立してビジネスをやっていますが、初めはもちろんただの凡人です。

大学の偏差値も言うのが恥ずかしいくらい低いですし、
その後の就職活動、会社員時代だって、全てにおいて目立った成果はありません。

寧ろ人より劣っていると言った方がいいのかもしれません。
まあ、人並以上に会社員として成功している人は、独立なんて考えませんよね。

 

僕の場合は、会社員としての10年後、20年後、老後を考えた結果、
楽しみどころか、不安しか無かったです。

 

だから今こうして、自分でビジネスをするという道を選べたのです。

ただもちろん、独立するまでには失敗だってありました。

 

まず、僕が一番初めに試みたのは「アフィリエイト」でした。

 

アフィリエイトの世界ではかなり有名な方の、言わば集大成のような教材を買い、
「これで稼ぐぞ~!!」と意気揚々と取り組んでいましたが、
ド初心者だった僕には、まずコンテンツのボリュームに圧倒されました。

 

動画60時間以上、PDF数百ページがいくつも。

 

これを本業の傍らでこなしていくのは、、、無理~!! ( ;∀;)

やってはみたものの、、全然成果無し!!

アフィリエイトってこんなにも難しいものだったのか・・・と思いましたね。

 

そこで、大量の印刷していたPDF教材もすべて本棚の隅の方へ、
いつかまた使う機会が来るであろう事を祈り
忙しくなった会社員の本業へと励むのでした。

こんな感じで、最初のアフィリエイトは見事に失敗でした。

ここで一つお話しするネタにはなったので、僕としては良しとしましょう(笑)

ビジネスのメンターに出会う

2017年5月に、一つの転機がありました。

偶然にも、ビジネスで成功されている社長さんとSNS経由で知り合うことになりました。

 

今までは、教材でのいわば“独学”でビジネスに取り組んでは失敗をしていましたが、
この時初めて実際に成功されている方からの直接アドバイスをいただくという体験をしたのです。

 

何度かお話ししていく中で、

「この人の言う通りやっていけば、成功できそう!」と思い

ほぼ同時に、その方から直接コンサルティングを受けることを決めました。

 

僕の一人目のメンター(師匠)が出来ました。

 

どんなコンサルティングだったかというのはここでは言えませんが、
僕の脱サラに向けての大きな後押しとなった事は間違いありません。

 

成功者から学ぶということの大事さ。

身に染みて感じましたね。

 

そして、約半年後…

僕はついに脱サラを決行しました。

 

脱サラを決意すると本業が副業になった

脱サラを決意すると、それまで本業だった会社員の仕事への取り組み方が変わりました。

・基本的には、公休日は全部休む。
・残業は極力せず、誰よりも早く帰社する。
・会社行事以外の飲み会は断る。
・外回りの時間は、ビジネスの音声を聞きまくる。
・社内での無駄話に参加しない。

一言でいうと、とても付き合いの悪い人になったわけです。

 

会社員として働く環境の中には、
成功者が取る行動とは真逆ともいえる大きな誘惑がたくさん存在するので
そういった誘惑をすべてキッパリと断ち切るわけです。

現状に満足していないのに、現状を守ろうとするな

これは、当時僕が常に常に思っていたマインドです。

現状に満足していないから脱サラを考えているんでしょ?

だったら、現状を維持するための行動を取ってどうするの?

ってことですね。

 

同じように脱サラを目標にされている方は、ひとつ参考にしてみるといいと思います。

 

このブログで伝えていきたい事

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

僕がこのブログでお伝えしたいことは、
冒頭でもお話ししたように、

「努力は才能を超えられる、起業は夢物語ではない!」

ということです。

ほとんどのページは、開いて3秒で閉じられると言われていますが、
ここまでの4,356文字を読み進めていただいた方は、
何か僕のプロフィールから気になるところを感じていただけたのかと思います。

 

基本的にはこれからも自由に発信していきますが、
不明確だったり、怪しい情報を軽々しく発信したりはしません。

本当に価値のあることは、一生懸命お伝えしますし、
知らないとまずいこともしっかりとお話ししていきます。

 

僕もまだまだ発展途上の人間ではありますが、
同じように、まだまだ高みを目指していきたいという方は
これからもぜひ仲良くしていただければと思います。

 

ブログの感想や質問などがありましたら、
コメント欄にお願い致します。

聞きづらいことの場合は、LINE@で個別にやりとりが出来るので、
お気軽にご登録ください。

 

それでは、今後ともよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)